FOLLOW US

酒井宏フル出場、清武は途中出場…ハノーファーが2点差逆転で勝利

 プレシーズンマッチが29日に行われ、セルビアのレッドスター・ベオグラードと、日本代表DF酒井宏樹、同MF清武弘嗣所属のハノーファーが対戦。酒井は先発出場、清武はベンチスタートだった。

 ハノーファーは開始4分で先制を許すと、11分には2点目を許し、早々と2点ビハインドを負う展開に。さらに、13分にはホセルが一発退場となり、数的不利にも陥った。

 厳しい展開を強いられたハノーファーだが、25分に反撃。シュートのこぼれ球をアルトゥル・ソビエフが詰めて1点を返し、さらに28分にもソビエフがペナルティーエリアてな目から強烈な左足ミドルシュートを突き刺して2点目を記録。2-2の同点でハーフタイムを迎えた。

 後半はスコアが動かず、2-2のまま終盤へ。清武は66分に途中出場した。決勝点は82分、ハノーファーがショートカウンターで中央を突破すると、最終ラインの背後へスルーパスが渡る。反応したソビエフが裏を取り、相手GKの位置をよく見てループシュートを決めた。

 試合は3-2で終了。ソビエフがハットトリックを達成したハノーファーが、2点差を逆転して勝利を収めた。なお、酒井はフル出場を果たしている。

【スコア】
レッドスター・ベオグラード 2-3 ハノーファー

【得点者】
1-0 4分 ガブリッチ(レッドスター)
2-0 11分 パヴィチェヴィッチ(レッドスター)
2-1 25分 ソビエフ(ハノーファー)
2-2 28分 ソビエフ(ハノーファー)
2-3 82分 ソビエフ(ハノーファー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA