FOLLOW US

ケルン指揮官、移籍後初得点の大迫とFWウジャの連係に手応え

 プレシーズンマッチが28日に行われ、オーストリアのヴァッカー・インスブルックと、日本代表FW大迫勇也、MF長澤和輝所属のケルンが対戦。移籍後初の先発出場を果たした大迫は11分にチーム2点目を挙げ、ケルンでの初得点を記録した。試合は5-0でケルンが大勝。大迫は70分に途中交代した。なお、長澤は負傷離脱中のため、欠場した。

 試合後、ケルンのペーター・シュテーガー監督が、大迫のプレーに言及。ドイツ誌『キッカー』によると、「うまく機能するかもしれない。良かったと思う」と、ナイジェリア人FWアンソニー・ウジャとの連係に手応えを示した。

 また、同誌も2人のプレーについて、「(ウジャが途中交代するまでの)1時間は、すばらしかった」と、記述。1990年生まれの2人がコンビを組む前線に高評価を与えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO