2014.07.23

バイエルンのリベリー、W杯負傷欠場後初めて全体練習に合流

リベリー
負傷離脱を強いられていたリベリー [写真]=Bongarts/Getty Images

 負傷によりブラジル・ワールドカップを欠場したバイエルンのフランス人MFフランク・リベリーが、22日にチームの全体練習に合流した。クラブの公式HPが伝えている。

 背中の負傷により離脱を強いられていたリベリーは、準備期間に入って初めてチームの全体練習に参加。同選手は、「順調に良くなっている。チームと一緒にトレーニングするのがベストだよ。単純にね」と、自身の調子を語った。

 クラブの公式HPは、リベリーの様子について、「リベリーが喜んでいるのはピッチからも伝わってきた。同選手は、センタリングを難しいコースへ淡々と沈め、それを見学していたファンからは拍手が沸き起こっていた」と、伝えている。

 リベリーは1983年生まれの31歳。2007年からバイエルンに所属し、2013-2014シーズンのブンデスリーガでは22試合に出場して10得点を挙げた。ブラジル・ワールドカップのフランス代表メンバーに選出されていたが、負傷により大会直前に離脱した。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る