2014.07.01

ドルトムントGD、ガボン代表FWオーバメヤンへのオファーを否定

オーバメヤン
チェルシーやローマからの関心が噂されるFWオーバメヤン [写真]=Getty Images

 ドルトムントのミヒャエル・ツォルクGD(ゼネラル・ディレクター)が、現時点で同クラブ所属のガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンに対するいかなるオファーも受け取っていないと主張している。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

 2013年夏にサンテチェンヌからドルトムントに加入したオーバメヤンは、2013-14シーズンのブンデスリーガで32試合に出場し、13ゴールを挙げる活躍を見せた。ここ最近では、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるチェルシーが獲得に本腰を入れているなど、イギリスとドイツ双方のメディアが同選手の移籍を示唆する報道をしている。だが、ツォルクGDはインタビューでこれらの噂を真っ向から否定した。

「ピエール・エメリク・オーバメヤンはドルトムントのプレーヤーだ。そして、我々は現時点でいかなるオファーも受け取っていない」

 なお、世界屈指の快速ストライカーであるオーバメヤンには、前述したチェルシーに加え、ローマやアトレティコ・マドリードなどのクラブが獲得に関心を示していると言われている。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る