FOLLOW US

長期離脱のバイエルンDFバトシュトゥバーが約1年5カ月ぶりの復帰

10日の今シーズン、リーグ最終戦で試合メンバー入りしたDFバトシュトゥバー [写真]=Bongarts/Getty Images

 バイエルンに所属するDFホルガー・バトシュトゥバーが、10日に行われるブンデスリーガ第34節のバイエルンとシュトゥットガルトが対戦する試合でメンバー入りを果した。クラブ公式HPが発表している。

 バトシュトゥバーは、2012年12月の試合中に右ひざ前十字じん帯を断裂。復帰に向けてリハビリを行っていたが、2013年5月に同箇所を再断裂し、同年9月に再手術を行っていた。またこのけがのため、6月に開催されるブラジル・ワールドカップのドイツ代表には落選している。

 ジョゼップ・グアルディオラ監督は復帰について、「彼が戻って来て、とても嬉しい。しかしリスクを犯したくはない」とコメントした。

 同試合は、ドイツ代表DFジェローム・ボアテングは出場停止で、フランス代表MFフランク・リベリー、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ、スイス代表MFジェルダン・シャキリは負傷のため欠場は確実。またドイツ代表DFフィリップ・ラームと同代表MFマリオ・ゲッツェは試合当日に出場できるかどうかが判断される。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA