2014.05.02

ドルトムントが非常事態、ホッフェンハイム戦の出場可能選手は15人

ドルトムントのMFオリヴァー・キルヒ [写真]=Getty Images

 ドルトムントは2日、MFオリヴァー・キルヒとDFマリアン・ザールが体調不良により、ブンデスリーガ第33節のホッフェンハイム戦を欠場する見通しであると、日本語版クラブ公式HPで伝えた。

 キルヒは、直近10試合で5試合に先発出場。前節のレヴァークーゼン戦では、ドルトムントでの初ゴールを決めるなど、好調をキープしていたが、目の感染症を患い、現在は抗生物質による治療を受けている。

 先日、負傷離脱していたドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーがチームに合流し、練習をフルメニュー消化したという朗報も入っているが、それでも試合に出場可能な選手が15人しか残らないという非常事態にある。

 この状況に、ユルゲン・クロップ監督は、「体調が万全でない選手をベンチに入れるつもりはないし、サブチームから選手を追加する考えもない。次のホッフェンハイム戦はこの15人で臨む」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る