FOLLOW US

独メディア採点、細貝に高評価「ピッチ上のベストプレーヤー」

アウクスブルク戦にフル出場した細貝 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツメディアが、19日に行われたブンデスリーガ第31節及びブンデスリーガ2部第31節における日本人選手の採点と寸評を発表した。

 アウクスブルク戦にフル出場した日本代表MF細貝萌には「2.5」が、1860ミュンヘン所属の日本代表FW大迫勇也には「4」の評価が与えられている。

 両選手の採点と寸評は以下のとおり(最高点1、最低点6)。

細貝萌(ヘルタ・ベルリン)
対アウクスブルク戦(0-0△)フル出場
『Sportal.de』
採点:2.5
寸評:細貝はピッチ上のベストプレーヤーだった。アウクスブルクのカウンターを幾度となく阻止(競り合いでは87.5パーセントをものにした)。それ以外でも、ビルトアップで見事な動きを見せた。

大迫勇也(1860ミュンヘン)
対ビーレフェルト戦(2-1○)先発出場、後半アディショナルタイムに交代
『Abend Zeitung』
採点:4
寸評:数週間前はスーパースターだったが、今は目立たない地味な存在だ。これでワールドカップは大丈夫なのか?

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA