2014.03.28

ドルトムント、ポーランド代表DFピシュチェクが負傷離脱か

ドルトムントのピシュチェク [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドルトムントは28日、ドイツ代表GKロマン・バイデンフェラーとガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンに風邪の症状が出て、ポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェクが負傷したと、日本語版クラブ公式HPで発表した。

 ドルトムントは29日に行われるブンデスリーガ第28節で、アウェーのシュトゥットガルト戦に臨む。試合を前に3選手の状態が不安視されるが、ユルゲン・クロップ監督は、「ちょっとした風邪は大した問題ではない」とコメント。バイデンフェラーとオーバメヤンは試合に間に合う見解を示したが、一方でピシュチェクについては、「彼の問題はちょっとしたことではない」と明かし、シュトゥットガルト戦の欠場を示唆した。

 ドルトムントはブンデスリーガ第27節終了時点で、勝ち点52の2位となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る