2014.03.02

清武フル出場のニュルンベルク、連勝ストップ…ドルトムント快勝で2位浮上

清武弘嗣
シュメルツァー(右)と競り合う清武(左) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第23節が1日に行われ、ドルトムントと日本代表MF清武弘嗣、同MF長谷部誠所属のニュルンベルクが対戦。清武は先発出場、右ひざ負傷で帰国中の長谷部は欠場した。

 ホームのドルトムントは優位に試合を進め、16分にはゴール正面、ゴールエリアのライン上で間接FKを獲得。ロベルト・レヴァンドフスキがリスタートから強烈なシュートで狙ったが、壁を直撃して得点とはならなかった。直後にも右サイドのピエール・エメリク・オーバメヤンのクロスを中央のレヴァンドフスキが左へはたき、ヘンリク・ムヒタリアンがシュートするが、GKラファエル・シェーファーが防いだ。

 攻め込まれる時間が続いたニュルンベルクは29分、相手DFのパスミスをついてヨジップ・ドルミッチが高い位置でボールを奪うと、パスを受けたトマーシュ・ペクハルトがGKと1対1の状況でシュートを放つがポストを直撃してしまった。前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入り51分、ドルトムントは左サイドでFKを得ると、ヌリ・シャヒンの送ったボールにレヴァンドフスキがヘディングで合わせる。これはGKシェーファーが何とか弾いたが、こぼれ球をマッツ・フンメルスが押し込んで、先制点を獲得する。59分にはスルーパスに抜けたムヒタリアンがネットを揺らしたが、オフサイドでノーゴールに。

 64分、ドルトムントは左サイドをパス交換で崩し、ムヒタリアンのグラウンダーのパスを中央で受けたレヴァンドフスキが、冷静に決めて追加点を得る。83分にはヨナス・ホフマンのアシストからムヒタリアンが決定的な3点目を獲得。ドルトムントがそのまま、3-0で勝利した。なお、清武はフル出場している。

 リーグ戦2試合ぶりの勝利となったドルトムントは勝ち点を45とし、2位に浮上。ニュルンベルクは連勝が2でストップした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る