2014.02.11

降格圏に沈むハンブルガーSV、マガト氏の招へいを検討か

マガト
ヴォルフスブルク時代のマガト氏 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツ誌『キッカー』は11日、ハンブルガーSVがフェリックス・マガト氏の招へいを画策していると報じた。

 ハンブルガーSVは、今シーズンのリーグ戦20試合を消化し、4勝4分12敗と低迷。勝ち点16で降格圏の17位に沈んでいる。

『キッカー』は、ハンブルガーSVの幹部が、成績不振によりベルト・ファン・マルワイク監督の解任を検討していると報道。マガト氏をCEO(最高経営責任者)兼SD(スポーツ・ディレクター)として招へいし、シーズン終了までは監督職も兼務させる考えを持っていると伝えた。

 マガト氏は、選手時代の大半をハンブルガーSVで過ごし、現役引退後に指導者の道へ。古巣である同クラブを始め、バイエルンやヴォルフスブルク、シャルケなど、ドイツ国内の複数クラブで指揮官を務めている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る