FOLLOW US

大学ナンバーワンプレーヤー長澤和輝 ドイツ行きを決めた理由と成功の可能性

 2014年1月4日、専修大学からブンデスリーガのケルンに入団することが決まった長澤和輝が、ドイツへ向けて日本を出発した。

 専修大学は、関東大学1部リーグ3連覇を果たし、その中心で活躍し“大学サッカーナンバーワンプレーヤー”の称号をほしいままにした長澤。Jリーグの多数のクラブによる争奪戦が行われたが、長澤が選んだのは、国内でプレーすることはではなく、よりハードルが高い海外でプレーする道だった。

 長澤は元々Jリーグのクラブでプレーするつもりだったという。しかし、どのJリーグクラブに行こうか悩んでいるタイミングでケルンからのオファーがきた。

「まだはっきりとどのJリーグのクラブに行くかは決められていない状況で、ケルンから練習参加の話をいただきました。もう本当に最終決断の直前でした。練習参加したチームはどこも本当に素晴らしいチームで、どのチームに行っても、“こういうサッカーができるな”というイメージも持てていた分、余計に迷いました」

 大学を卒業し、社会人として世に出るだけでも苦労があるが、それがいきなりの海外生活。それも、世界最高峰のサッカーリーグで、プロとしてしのぎを削らなければならない。ましてや、大学サッカーから、いきなり海外のプロリーグというのは、前例もない。『“いきなりドイツで成功できるのか?”』と懐疑的に見る人も少なくないだろう。長澤にドイツで成功するために何が必要かをたずねると、

「自分の実力も大事ですが、それだけではなく、コミュニケーションや海外の生活にストレスを感じることなく、サッカーに集中できる環境を自分で作ることも大切だと思っています。自分の強みをチームの中で出していきたいので、そのためにコミュニケーションや環境が必要だと思います」

 日本人選手としてドイツで成功した長谷部誠、内田篤人、香川真司。彼らに共通しているのは、コミュニケーション能力の高さと賢さだ。長澤も、チーム内でのコミュニケーションに高い意識を持っている。取材に立ち会った関係者たちは一様に、長澤のしっかりとした受け答えに感心しきりだった。

 長澤にとって大きいのは、ドイツで成功した内田と香川と契約しているアディダスのサポートを得られたことだろう。

「アディダスは大学リーグの頃から履いています。すごく良い感覚を持ったスパイクを引き続き履けることはとても嬉しく思います。また、サポートしてもらい履けることにすごく感謝しています。特にドイツはアディダスの本社があります。ケルンも選手が履いているスパイクはアディダスで、ドイツではほとんどのチームがアディダスのスパイクを履いています。アディダスの製品の質に絶大な信頼が置かれている印象を受けて、その中で自分もアディダスのスパイクを履けることはすごく幸運なことだと感じています」

 長澤が履いているアディダスの最新スパイク『パティーク 11プロ』。履き心地については「革がカンガルーレザーで足に馴染みますし、ボールを蹴ったときのタッチ感もすごく気に入っています」と惚れ込んでいた。

 現在ブンデスリーガ2部の首位を走るケルン。1部昇格に向けた後半戦は、2月9日に再開する。来季に向けた質問が記者から飛ぶと「半年後からやろうという考えはない」と、今季中の活躍に自信を見せた。

「大学サッカーからそのまま海外に行くというケースがない中で、その先駆者として自分が通用しなかったら、大学サッカーがそういう評価になってしまうと思いますし、逆に自分が活躍できたら、もっと大学サッカーに注目してもらえるきっかけになると思います。それをプレッシャーに感じているわけではないですが、向こうで少しでもいいプレーをして、大学サッカーの価値を上げたいと思っています」

 大学サッカーのプライドと使命を持った22歳のサムライの挑戦が始まる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA