2014.02.01

シャルケ指揮官がヴォルフス戦を展望「自信を持って、勝ちたい」

イェンス・ケラー
ヴォルフスブルク戦に臨むシャルケのケラー監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 1日に行われるブンデスリーガ第19節で、日本代表DF内田篤人所属のシャルケとヴォルフスブルクが対戦する。

 ホームでの一戦を前に、シャルケのイェンス・ケラー監督が展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 シャルケはリーグ戦18試合を終えて、9勝4分け5敗の勝ち点31で5位。今節で対戦するヴォルフスブルクはシャルケと勝ち点差1の6位につけている。ケラー監督は、「ファンのサポートと、(前節の)ハンブルガーSV戦に勝って得た自信を持って、ヴォルフスブルク戦に勝ちたい。この一戦は確かに非常に重要だが、(勝って)ヴォルフスブルクとの勝ち点差を4に広げても、まだ15試合も残っている。これで決まるというわけではない」と、コメントした。

 ヴォルフスブルクの印象については、「(前節の)ハノーファー戦で1-3で敗れたが、彼らのクオリティを反映したものではない。各選手の個人技のレベルが非常に高く、さらにケヴィン・デ・ブライネというトッププレーヤーが加入した」と、語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
ラツィオ
18pt
欧州順位をもっと見る