FOLLOW US

大迫が実戦デビュー…練習試合の後半から2トップの一角で出場

 日本代表FW大迫勇也が所属する1860ミュンヘンは16日、ホッフェンハイムと練習試合を行った。今冬の移籍市場で鹿島アントラーズから1860ミュンヘンへ移籍した大迫は、4-4-2の2トップの一角として後半から出場している。

 実戦デビューとなった大迫は、53分に右サイドからのクロスをニアで合わせたがシュートは枠を外れた。その後、味方のクリア気味のパスが相手ディフェンスラインの裏に転がり、抜け出した大迫がGKをかわしてシュートを放つ場面もあったが、セーブに遭いゴールを決めることはできなかった。

 なお、試合はホッフェンハイムが3-0で勝利している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO