2014.01.10

長期離脱中のドルトムントDFスボティッチ、負傷箇所の経過は良好

スボティッチ
ひざの負傷により長期離脱を余儀なくされているスボティッチ [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドルトムントは10日、負傷により戦列を離れているセルビア代表DFネヴェン・スボティッチがひざの検査を受けたと発表した。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 スボティッチは、11月9日に行われたブンデスリーガ第12節のヴォルフスブルク戦で負傷。右ひざ後十字じん帯と内側側副じん帯を損傷し、今シーズン中の復帰が絶望的と見られるほどの大けがを負った。

 長期離脱を余儀なくされているスボティッチは、9日に負傷中のひざの検査を実施。検査の結果、経過は良好と診断され、さらなる手術が不要であることも判明している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング