2014.01.06

シーズン前半戦を振り返るシャルケGK「可もなく不可もなく」

フェールマン
シャルケGKフェールマンがシーズン前半戦を振り返った [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表DF内田篤人が所属するシャルケのドイツ人GKラルフ・フェールマンが、シーズン前半戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「前半戦は残念ながら、可もなく不可もなくといったところだ。今の立ち位置では満足はできないね。チームとして、よりコンパクトにして、全体的に安定させなければならない。うまく機能していない時でも、個々人が他のメンバーのためにプレーしなければいけないね。それがうまくいけば、確実にもう少し順位を上げることができる。それだけの実力はあるんだ。それについて疑問の余地はないね。ただし忘れてはいけないことは、チームへの貢献度の高い選手が数週間、もしくは数カ月間(負傷などにより)欠けていたということ。それをカバーするのは簡単なことではないよ」

 シャルケはブンデスリーガ第17節を終えて、8勝4分け5敗の勝ち点28で7位。首位バイエルンとは勝ち点差16と大きな開きがあるが、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位ドルトムントとの勝ち点差は4となっている。また、チャンピオンズリーグではグループEを2位で突破。決勝トーナメント1回戦でレアル・マドリードと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る