2014.01.01

酒井宏樹所属のハノーファー、新監督は元トルコ代表のコルクト氏

コルクト
ハノーファーの新監督となるコルクト氏 [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表DF酒井宏樹の所属するハノーファーは12月31日、新監督にタイフン・コルクト氏が就任したことを発表した。

 コルクト氏は、フェネルバフチェやレアル・ソシエダ、ベジクタシュといったクラブでプレー。トルコ代表として42試合に出場している。コーチ業は、ソシエダ、ホッフェンハイム、シュトゥットガルトなどの下部組織を率いた経験があり、2012年にはトルコ代表のアシスタントコーチに就任している。一方で、トップチームの監督実績はない。

 スポーツ・ディレクターを務めるディルク・ドゥフナー氏は、「クラブの将来への決断を示すもの。彼は若いが、資質があり、モチベーションにあふれている。性格や実績も申し分ない」とコメントし、期待を寄せている。

 ハノーファーは、ブンデスリーガ第7節からわずか1勝にとどまり、順位を13位まで落とした。そのため、ミルコ・スロムカ監督を解任していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る