FOLLOW US

PSG、ハキミ&メッシの得点で好調トゥールーズを下す…先発のオナイウ阿道は2戦連発ならず

2023.02.05

メッシ(左)とハキミ(右)の得点でPSGが逆転勝利 [写真]=Icon Sport via Getty Images

 リーグ・アン第22節が4日に行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)とトゥールーズが対戦した。

 今シーズンもPSGはリーグ・アンの首位を走っているものの、第19節のレンヌ戦で今季2度目の黒星を喫すると、続く伊東純也所属のスタッド・ランス戦は1-1のドローで終えていた。それでも、前節はモンペリエを3-1で下し、3試合ぶりの白星を飾っている。今節は現在12位につけているトゥールーズとの一戦に。PSGはマルキーニョスリオネル・メッシらが先発に名を連ね、現在負傷中のネイマールキリアン・エンバペはメンバー外となった。一方、トゥールーズに所属しているオナイウ阿道は3試合ぶりのスタメン出場。前節のトロワ戦で今季初ゴールを決めており、“絶対王者”相手の2試合連続ゴールに期待がかかる。

 試合の均衡が破れたのは20分。ブレヒト・デヤーゲレのパスを受けたザカリア・アブクラルが倒され、トゥールーズがペナルティエリア手前の位置でフリーキックを獲得する。ブランコ・ファン・デン・ボーメンがこのフリーキックをゴール左隅に沈め、トゥールーズが先制に成功した。

 対するPSGは38分、アクラフ・ハキミが右サイド高い位置でパスを受けると、カットインから左足を振り抜く。ペナルティエリア手前から放たれたミドルシュートがゴール左に吸い込まれ、ハキミの“ゴラッソ”でPSGが試合を振り出しに戻した。

 同点に追いつかれたトゥールーズだったが、40分にはオナイウにチャンス。自陣でボールを奪ったところからスタイン・スピーリングスが持ち運び、スルーパスを送ると、反応したオナイウがペナルティエリア左に侵入。コントロールが乱れてフィニッシュまでは持ち込めなかったものの、時間を作ってコーナーキックを獲得した。その後のコーナーキックは得点には結び付かず、前半はこのまま1-1で終了している。

 後半に入るとPSGが逆転に成功。58分に左コーナーキックを獲得すると、ショートで繋いでハキミにボールが渡る。ハキミはヴィティーニャとのワンツーでペナルティエリア手前に侵入。横へ流すと、フリーになっていたメッシが左足でゴールネットを揺らした。PSGが“エース”の一振りで逆転に成功。メッシは今季のリーグ・アンでの得点数を「10」とした。

 その後スコアは動かず、後半アディショナルタイムに突入。トゥールーズはセットプレーからゴールに迫ったものの同点にはできず、逆にPSGは高い位置でボールを奪ったメッシが決定機を作り出す。ドリブルでペナルティエリア内に侵入し、左足でコースを狙ったグラウンダーのシュートを放ったものの、ポストに嫌われた。こぼれ球をヴィティーニャが狙ったが、これはGKに弾き出されている。

 試合はこのままタイムアップ。PSGがリーグ・アンで2連勝を飾った。1月のリーグ・アンを4勝1分と無敗で駆け抜けていたトゥールーズにとっては6試合ぶりの黒星に。オナイウは62分までプレー。最終ラインとの駆け引きやボールの引き出しで攻撃を活性化させたものの、2試合連続ゴールとはならなかった。

 次節、PSGは敵地で南野拓実が所属するモナコと対戦する。一方、トゥールーズは12日にレンヌをホームに迎える予定だ。

【スコア】
パリ・サンジェルマン 2-1 トゥールーズ

【得点者】
0-1 20分 ブランコ・ファン・デン・ボーメン(トゥールーズ
1-1 38分 アクラフ・ハキミパリ・サンジェルマン
2-1 58分 リオネル・メッシパリ・サンジェルマン

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングなど、サッカーにまつわるあらゆる情報を提供している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

SOCCERKING VIDEO