FOLLOW US

ジダン氏のPSG行きは実現せず…カタールW杯終了後からのフランス代表指揮を希望

ジダン氏のPSG行きは実現せず [写真]=Getty Images

 今夏、ジネディーヌ・ジダン氏のパリ・サンジェルマン(PSG)行きは実現しないこととなりそうだ。フランスメディア『RMC Sport』が同日付で報じている。

 ジダン氏はレアル・マドリードを率いた合計6シーズン(2015-16シーズンと2018-19シーズンはシーズン途中からの指揮)で、2度のラ・リーガ制覇やチャンピオンズリーグ3連覇などを成し遂げた。2020-21シーズン終了後にレアル・マドリード指揮官の座から退いてからは、監督業から離れていた。

 このような状況の中、ジダン氏はPSGの次期監督候補として度々名前が挙がっていた。PSGはジダン氏を説得するためにあらゆる手段を尽くしたものの、最後までジダン氏が首を縦に振ることはなかったという。PSGからの誘いを断ったジダン氏は、2022FIFAワールドカップカタール終了後からフランス代表で指揮を執ることのみを視野に入れているようだ。

 PSGは既にジダン氏の招聘を断念しているが、現在クラブを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督の退任は決定事項のようだ。ジダン氏招聘の可能性が潰えた今、ニースのクリストフ・ガルティエ監督らが第一候補となっているという。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO