FOLLOW US

現在フリーのジダン氏…次の行き先はPSG? 元伊代表カッサーノ氏の発言にスペイン紙も注目

元伊代表カッサーノ氏が語ったジダン氏のPSG行き。実現はなるのか…? [写真]=Getty Images

 2020-21シーズンまでレアル・マドリードの監督を務めていたジネディーヌ・ジダン氏に、パリ・サンジェルマン(PSG)行きの噂が出たようだ。5日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 同紙によると、かつてR・マドリードに所属した経験を持つ元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ氏が、元同代表FWクリスティアン・ヴィエリ氏の『Twitch』の『Bobo TV』にて、PSGのマウリシオ・ポチェッティーノ監督に言及。以下のように語ったと伝えている。

「ポチェッティーノはPSGで短い人生を送ることになるだろう」

「人々は私に、彼に関するネガティブなことを言い、悪い噂を聞いた」

「彼は偉大な人物だが、コーチとして戦術的な仕事を1分たりともしない。選手たちは繰り返し尋ねている」

「自分が聞いたことは信じられなかった。彼はチャンピオンチームを率いた経験が無いし、苦労している。彼はそれほど長くここにはいないはずだ。ジズー(ジダン氏の愛称)に目を光らせておくべきだ」

 さらに『マルカ』は、ジダン氏がR・マドリードでの監督時代に、エゴとビッグネームを管理することに優れていた点に注目。フランス代表FWキリアン・エンバペ、ブラジル代表FWネイマール、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシらをポチェッティーノ監督は上手く管理出来ていないとし、ジダン監督であればそれが上手くいくと指摘している。

 3日にはレンヌに敗れて今シーズンリーグ戦初黒星を喫し、さらにはエンバペが今夏でのPSG退団希望を明らかにしたことに加えて、ネイマールに対し「浮浪者」と言い放ったことを認めるなど、ピッチ内外で落ち着かないPSG。果たして、今後もPSGのベンチにポチェッティーノは座り続けているのだろうか。それとも…?

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO