FOLLOW US

アンジェ戦で低調プレー…契約解除も噂されたリヨンDF、リザーブへの降格が決定

2021.08.17

契約解除も噂されたマルセロ [写真]=Getty Images

 リヨンは17日、ブラジル人DFマルセロに関する公式声明をクラブ公式サイトに掲載した。

 2017年夏からリヨンに所属する34歳のマルセロは、2021-22シーズンのリーグ・アンで開幕から2試合にフル出場している。しかし、15日に行われた第2節アンジェ戦(●0-3)では、味方GKへのバックパスをゴール左下隅に流し込んでオウンゴールを記録するなど、低調なパフォーマンスに終始。フランス紙『レキップ』などの採点は同試合のマルセロに対し、最低点「1」を与えていた。

 そんななか、フランスメディア『Foot Mercato』は17日、マルセロに契約解除の可能性が浮上したと報道。同選手のプレーに失望した上層部が、今年3月に2023年6月30日まで延長していた契約の解除を望んでいると伝えていた。また、『レキップ』紙は同日、同選手が試合後のドレッシングルームでチームメイトに対して「不適切な態度」を取ったことを伝え、契約解除の噂が現実味を帯びていた。

 リヨンの声明によると、マルセロとの契約が現時点で解消されることはないようだ。ただ、マルセロは、17日からリザーブチームの練習に参加することが決定した。ジュニーニョ・ペルナンブカーノSD(スポーツ・ディレクター)とピーター・ボス監督は、現地時間16日午後に今回の決定を同選手に伝えたという。

 また、リヨンは「アンジェ戦後のドレッシングルームでのマルセロの不適切な行動は、リヨンのスポーツ・マネジメント全体が満場一致で下したこの決定を正当化するものです」と、一部報道が事実であることを認めた。続けて、「リヨンのスポーツ・マネジメントは、クラブの野望に沿った結果を遅滞なく達成するために、すべての選手が揺るぎない精神状態とコミットメントを示さなければならないことを再認識しています」と、今回の決定に至った理由を説明している。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO