FOLLOW US

PSG、ディ・マリアと2022年6月末までの新契約を締結!…1年間の延長OP付き

パリ・サンジェルマンと契約を延長したアンヘル・ディ・マリア [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマン(PSG)は12日、同クラブに所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアと新契約を締結したことをクラブ公式サイトで発表した。

 新契約の期間は2022年6月30日までで、1年間の契約延長オプションが付いているという。ディ・マリアは今季ここまで、唾吐きによる4試合の出場停止処分や、太ももの負傷による欠場などがあったが、公式戦27試合に出場して5得点12アシストを記録。今季のチャンピオンズリーグ(CL)でバルセロナを破って8強に進出したチームの攻撃を支えている。

 また、PSGで通算248試合に出場しているディ・マリアはここまで87得点99アシストを記録。リーグ・アン、クープ・ドゥ・フランス(フランス杯)、トロフェ・デ・シャンピオン(フランス・スーパーカップ)、クープ・ドゥ・ラ・リーグ(フランスリーグ杯)をそれぞれ4回ずつ制し、クラブで通算16冠を経験している。

 現在33歳のディ・マリアは母国のロサリオの下部組織出身。2007年夏にベンフィカに加入し、2010年夏にレアル・マドリードへステップアップを果たした。4年間で公式戦190試合に出場して36得点85アシストを記録すると、2014年夏にマンチェスター・Uに加入。2015年夏からはPSGでプレーしている。


 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO