FOLLOW US

PSG、FWキーンの新型コロナ陽性を発表…ボルドー戦は帯同せず

今季はPSGでプレーしているキーン [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマン(PSG)は3日、イタリア代表FWモイーズ・キーンが新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表した。

 キーンは3日朝に行われた検査で、新型コロナウイルス感染症の陽性と判定。即座に隔離され、プロトコルに従って行動しているという。そのため、同日にアウェイで行われたリーグ・アン第28節のボルドー戦(1-0で勝利)は、パリにとどまり欠場した。

 現在21歳のキーンはユヴェントスの下部組織出身。2017年にトップチーム昇格を果たすと、同年ヴェローナへ期限付き移籍し、翌年ユヴェントスに復帰。2019年夏にエヴァートンに完全移籍で加入し、5年契約を締結した。しかし、加入1年目となった昨季は公式戦33試合の出場で2ゴール2アシストを記録するにとどまり、結果を残すことができず。今年10月にPSGにレンタル移籍で加入した。ここまで公式戦27試合に出場し、15ゴール1アシストを記録している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO