FOLLOW US

PSGがライバルのエース引き抜きに関心…リヨンの主将、デパイ獲得に名乗りか

リヨンの主将を務めるデパイ [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマン(PSG)は、リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイの獲得に動いているようだ。25日、フランス紙『フランス・フットボール』が報じている。

 現在リヨンの主将を務める26歳のデパイ。今季リーグ戦16試合に出場し8ゴールをあげるアタッカーは、昨夏バルセロナへの移籍が間近まで迫るなど、ステップアップの時が近づいているようだ。その移籍先はいまだバルセロナが本命とされているようだが、どうやら国内のライバルクラブからも触手が伸びているという。

 新たにデパイの獲得に名乗りを上げたというのが、フランス王者のPSGだ。トーマス・トゥヘル監督の解任が決定的とされるPSGだが、スポーツディレクターのレオナルド氏は、来夏で契約満了となるリヨンのエースの引き抜きに興味を示しているという。5000万ユーロ(約63億円)程度と見込まれているその移籍金を支払い、バルセロナとの獲得レースに勝利することとなるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO