FOLLOW US

フランス代表指揮官、PK外したグリーズマンを擁護「当然次も任せる」

アントワーヌ・グリーズマンに言及したディディエ・デシャン監督 [写真]=Getty Images

 フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督がバルセロナに所属するアントワーヌ・グリーズマンについて言及している。6日、スペイン紙『マルカ』が報じた。

 フランスは5日、UEFAネーションズリーグでスウェーデンと対戦して1-0で勝利を収めたが、試合を通して苦しい展開となった。また、後半アディショナルタイム5分に獲得したPKをグリーズマンが外したが、同選手がPKを外すのは昨年9月に行われたユーロ2020予選のアルバニア戦から3回連続となった。

 しかし、デシャン監督はグリーズマンの状態を心配してはいないようだ。以下のようにコメントしている。

「違いを生み出すことができるすべての攻撃的プレーヤーはきっかけが必要なんだ。彼は15日間プレーしていなかったがスウェーデン戦では良かったし、前の試合よりも良くなっている。だが、もう一度スイッチを入れる必要がある」

「彼自身もそれまでの2試合でPKを外しているのは分かっている。PKを蹴ったのは久しぶりだったから、また慣れる必要がある。彼はPKを蹴りたいと思っているし、当然、次も任せるつもりだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO