FOLLOW US

モナコ、ジャルディム監督解任を発表…元スペイン代表監督のモレノ氏を招へい

モナコの指揮官に就任したロベルト・モレノ氏 [写真]=Getty Images

 モナコは28日、クラブを率いるレオナルド・ジャルディム監督の解任を発表した。併せて、ロベルト・モレノ氏が新監督に就任したことも発表した。

 モナコは2018年10月、選手時代にモナコで過ごしたティエリ・アンリ氏を新指揮官として招へいした。しかし、公式戦12戦でわずか2勝しか挙げることができず、モナコはアンリ氏を職務停止に。そして、2019年1月にジャルディム監督はモナコの指揮官に就任して、チームをリーグ・アン残留に導いた。

 モナコは今季、セビージャからフランス代表FWウィサム・ベン・イェデル、チェルシーからフランス人MFティエムエ・バカヨコを獲得するなど積極的な補強を行った。しかし、第19節終了時点(1試合未消化)で8勝4分6敗。勝ち点「28」で7位に位置しており、首位パリ・サンジェルマンとの勝ち点差は「17」となっている。モナコは、ジャルディム監督を解任し、モレノ氏を新指揮官に招へいした。

 ロベルト・モレノ氏は6月からルイス・エンリケ氏の代役として暫定的にスペイン代表を指揮。EURO2020予選では無敗を維持して本大会出場を決めた。しかし、11月にエンリケ氏の代表監督復帰に伴い、モレノ氏は退任となった。

 モナコは2022年6月までの契約でモレノ氏の指揮官就任を発表。モナコはクラブ公式サイトを通じて「ロベルト・モレノ氏の就任を発表できることを大変嬉しく思います。チームを成功に導く才能を信じています」と歓迎した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO