FOLLOW US

“悪童”バロテッリが酒井宏樹と同僚に? マルセイユ移籍は間近か

マリオ・バロテッリ [写真]=Getty Images

 ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユに移籍間近のようだ。イギリスメディア『BBC』が16日に伝えている。

 マンチェスター・Cやリヴァプールでプレー経験のある“悪童”バロテッリは現在ニースに所属。同クラブでの2シーズンでは公式戦64試合に出場し42得点を記録した。しかし、今季は10試合に出場し無得点。また、パトリック・ヴィエラ監督との決裂で12月4日以降試合に出られていない上に、契約は今季までとなっている。

 ニースはそこで28歳の同選手の放出を検討。すると、マルセイユが今冬の獲得に名乗りを上げたようだ。マルセイユは今季ELでは5敗1分けで敗退。リーグ・アンでは9位に沈んでおり、昨季のEL準優勝チームは影を潜めている。

 バロテッリはマルセイユの救世主となることができるのか。『BBC』は「移籍合意の発表は間近」と報じているだけに、酒井宏樹と同僚になる日は近い。

リーグ・アン観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA