2018.10.18

モナコ新監督アンリ氏、参考にするのはあの名将「バルサにいた時…」

バルセロナ
バルセロナ時代のティエリ・アンリ氏とジョゼップ・グアルディオラ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 モナコ新監督の元フランス代表FWティエリ・アンリ氏が、参考にしている監督と自身に特別な影響を与えた指揮官について言及した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が17日に伝えている。

 モナコは13日、ベルギー代表のアシスタントコーチを務めていたティエリ・アンリ氏の新監督就任を発表。アンリ氏はリーグ・アン開幕9試合を終えて1勝3分け5敗の勝ち点「6」で18位に低迷している同クラブの再建を担うこととなった。

 そして17日、アンリ新監督はメディアの取材に応じると、まず参考にしている監督について次のようにコメント。現在マンチェスター・Cを指揮するあの名将の名前を挙げた。

「ペップ(ジョゼップ・グアルディオラ監督)は、私にとって重要な参考だよ。バルセロナで彼の下でプレーした時、私はフットボールについて学び直したんだ」

「ペップは永遠にフットボールについて語ることができる。もし君が寝てしまっても彼は話し続けるだろうね」

「みんな知っているように彼はフットボールにおいて多くの発明をしてきた。彼こそがフットボールの師だ」

 また、アンリ氏はアーセナルの元監督アーセン・ヴェンゲル氏が自身に与えた影響についても言及。特別な称賛を送った。

「アーセンは私の心の中で多くのものを、例えばプロとはどうあるべきか、何をするべきか、といったことを自覚させてくれたんだ。これからも決して忘れないだろうね」

「みんな私と彼の関係を知っているから、彼から学んだことをわざわざ言う必要はないと思う。これからも多くの人々から学び、インスピレーションを与えたい」

「もちろん(グアルディオラ監督だけでなく、)世界中の監督一人ひとりから学んでいるよ。どんなことを行っていようが、私は常に学ぶことに挑戦し続けたい」

 アンリ新監督率いるモナコの初陣は20日に行われるリーグ・アン第10節ディジョン戦。名将から学ぶ名選手の手腕に世界中から注目が集まる。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る