FOLLOW US

ロシアの“皇帝”ゴロヴィンはモナコ行きへ…移籍金は39億円に

ロシア代表でプレーするゴロヴィン [写真]=Getty Images

 モナコCSKAモスクワに所属するロシア代表MFアレクサンドル・ゴロヴィンの獲得に近づいているようだ。ロシア紙『スポーツエクスプレス』が25日に報じている。

 同メディアによると、モナコとゴロヴィンはすでに個人合意しており、数日中にも両クラブから発表される見通しだという。この移籍でモナコは移籍金として3000万ユーロ(約39億円)を移籍金としてCSKAモスクワに支払う模様だ。また、ゴロヴィンとモナコは年俸200万ユーロ(約2億6千万円)の5年契約を締結するとみられている。

 現在22歳のゴロヴィンは、2018 FIFAワールドカップ ロシア開幕戦で1ゴール2アシストを記録。スペイン戦では両チームトップの走行距離を記録するなど、4試合に出場してチームの準々決勝進出に大きく貢献した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO