FOLLOW US

負傷交代の酒井宏樹、3週間以上の離脱へ「ELもリーグもまだ諦めてません」

リール戦で負傷した酒井宏樹 [写真]=Icon Sport via Getty Images

 マルセイユは23日、日本代表DF酒井宏樹が左ひざ内側側副じん帯損傷で3週間以上の離脱を強いられる見通しと発表した。

 酒井は21日に行われたリーグ・アン第34節のリール戦で負傷。先発メンバーに名を連ねた同選手は開始19分、相手選手との競り合いで左足を痛め、負傷交代を強いられた。

 2018 FIFAワールドカップ ロシアを控える中で長期離脱も心配されたが、マルセイユの発表では全治は3週間程度とのこと。最悪の事態は免れたと言えるが、今月26日と来月3日に控えているヨーロッパリーグ(EL)準決勝のザルツブルク戦出場は厳しくなってしまった。

 なお酒井は同日にツイッターを更新。「どんなに気をつけていてもケガはつきものです。ただ今回は自分の身体が本当に頑張って耐えてくれました。ELもリーグもまだ諦めてません。またすぐこのシャツを着れるようリハビリ頑張ります!」と、早期復帰への意気込みをつづっている。

ヨーロッパリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA