2018.02.07

マリアーノ、レアル退団を後悔せず「リヨンで幸せ」…ネイマールにも言及

マリアーノ
23試合14ゴールとリヨンで得点を量産するマリアーノ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヨンに所属するドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスが、昨年夏のレアル・マドリード退団を振り返った。スペイン紙『アス』が6日付でインタビュー内容を伝えている。

 昨夏の移籍市場で出場機会を求めてリヨンに加わったマリアーノ。結果としてこの決断は正しく、リーグ・アンで23試合に出場し、14ゴールを挙げている。この記録は今シーズンの欧州5大リーグのスペイン出身選手で最多のものとなっている。

 同紙のインタビューに応えたマリアーノは「本当に良い。僕はリヨンで幸せだ。個人的に本当にうまくいっている。チームはリーグでも良い順位につけている。僕が良いゴールを挙げることができれば、チームにとっても良い兆しだと思う。クラブの目標はチャンピオンズリーグ(CL)に出場することだ。僕たちは最後までその目標を目指して戦うよ」と、新天地での好調ぶりを語った。

 さらに、リヨンに加入した経緯を尋ねられると「僕はジダン監督と会長と話して、マドリードを去ることに決めた。監督は「(アーセナルへと移籍した)ラカゼットが去り、君とってゴールを決めるとても良い場所となる」と言ってくれた。僕は僕のために最善のことは自信を得ることだと考えたんだ。僕はリヨンに来てそれを証明することができたよ」と、コメント。

 ジダン監督には特に敬意を抱いているようで「彼は僕がリヨンでプレーをすることで『僕が誰であるか』を示すことができると言った。このクラブ、リーグ・アン、そしてプレーヤーとしてどのように改善できるかをとてもよく話してくれた。レアル・マドリードとジダン監督には本当に感謝しているよ」と、その心情を明らかにした。

 レアル・マドリードへの移籍が噂されるブラジル代表FWネイマールについては「彼は素晴らしい選手だ。レアル・マドリードを完成させることができる。あのチームに本当によくフィットすると思うよ」と、移籍の噂に前向きな意見を述べた。

 著しい成長を見せるマリアーノはチームで目標と掲げるCL出場権獲得へと導けるのだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る