FOLLOW US

ナント対PSGの試合で珍事件発生…倒された主審が選手を蹴り、退場させる

ナント対PSGの試合で珍事件が起こる [写真]=Icon Sport/Getty Images

 14日に行われたリーグ・アン第20節のナントパリ・サンジェルマン戦で、とある珍事件が起きた。イギリスメディア『BBC』が報じている。

 試合終了間際の後半アディショナルタイム1分、主審のトニー・チャプロン氏がナントのブラジル人DFディエゴ・カルロスと衝突しピッチに倒れると、倒したカルロスの足を蹴りイエローカードを提示。すでに1枚目のイエローカードをもらっていたカルロスは、この判定で退場させられている。

 ナントのチェアマンであるヴェルダーマー・キタ氏は、「スキャンダルなことだ」と、主審のジャッジを激しく非難した。「なんの目的であの様なことをしたのか。信じられないよ」

「あの試合の後に、『あのジャッジはジョークだろう』という内容のメールが世界中から送られてきた。だが、私は言いすぎたりしない。何も発言する権利を持っていないからだ」

 なお、12分にアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアのゴールで先制したパリ・サンジェルマンが、最終スコア1-0で試合をものにしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA