2017.03.23

ヴェラッティ代理人、シーズン終了後のPSG退団を示唆「複雑な状況だ」

ヴェラッティ
移籍が報じられているヴェラッティ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティの代理人が、同選手の移籍を示唆するコメントを残した。23日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 クラブとの契約が2021年6月までとなっているヴェラッティだが、残留に消極的な姿勢と伝えられており、様々なチームからの関心が噂されている。特に、バルセロナが同選手の獲得に乗り出しているとされ、大きな話題を呼んでいた。また、最近ではバイエルンやインテルからの興味が報じられ、同選手をめぐる競争は争奪戦の様相を呈している。

 ヴェラッティの代理人はこの件について、「複雑な状況だ。クラブとの契約は残っているが、彼はパリ・サンジェルマンでは成功できないと考えている」と語り、同選手が現状に満足していないことを明かした。

 また、同氏は「これはお金の問題ではない。彼はどこに行ったとしても高い額を稼ぐからね。もし彼がパリを離れるなら、ヨーロッパのビッグクラブへ移籍するだろう」とコメント。金銭面に不満がないことを説明しつつ、強豪へ移籍する可能性を示唆している。

 多くのクラブが熱視線を注ぐヴェラッティだが、来シーズンはどのチームでプレーしているのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る