2017.02.21

パリSGのヴェラッティ、元SDのレオナルドに感謝「クラブの歴史を作った」

サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティが、かつて同クラブでスポーツディレクター(SD)を務めた元ブラジル代表MFのレオナルド氏に感謝の意を述べた。

 ヴェラッティは、フランスメディア『キャナル・プリュス』のインタビューに応じ、以下のように語った。

「レオナルドがこのクラブの歴史を作ったと言えるだろう。彼がSDを退任してから4、5年後にパリ・サンジェルマンはビッグクラブとなった。彼が大きなプロジェクトをスタートさせたのだと思う。彼の功績でもあるだろう」

 レオナルド氏は2011年から2013年9月までSDを務め、カルロ・アンチェロッティ監督(現バイエルン)やブラジル代表DFチアゴ・シウヴァ、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(現マンチェスター・U)らをクラブに迎え入れた。ヴェラッティは「スタープレイヤーをこのクラブに引き抜いたのが彼だ。レオナルドとはとても素晴らしい関係にある。彼がこのチームのためにやってくれたことを感謝しているよ」と、感謝の意を述べている。

パリSG加入会見の際のヴェラッティ(左)とレオナルド氏(右) [写真]=Getty Images

 そして、自身がイタリアのクラブへ復帰する可能性については「自分で決めることはない。今、自分がパリにいられるのはレオナルドのおかげだ」と続け、同氏の功績を強調している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る