2016.11.09

イブラ、パリ在住時にエッフェル塔を訪れず…理由は「俺の銅像を建てるべきだから」

イブラヒモヴィッチ
今季からマンUでプレーしているイブラヒモヴィッチ。マンチェスターの街を気に入っているようだ [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 マンチェスター・Uに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、パリ在住時に一度もエッフェル塔に行かなかったと告白した。クラブの公式マガジンに掲載されたインタビューを引用する形で、イギリス紙『サン』が報じている。

 2012年から今夏までパリ・サンジェルマンに在籍していたイブラヒモヴィッチ。しかし、パリに住んでいた4年間で「エッフェル塔には一度も行かなかった」と明かした。その理由については、「代わりに俺の銅像を建てて欲しかったからね。彼らはそうしなかったけど。でも、もし今からでも俺の銅像を建てると言うのなら、行くよ」とコメント。“パリのシンボル”とも言える観光名所を一度も訪問しなかったことについて、冗談交じりに語っている。

 イブラヒモヴィッチは今年3月にも、「もしエッフェル塔に代わって俺の銅像を建てるなら、パリ・サンジェルマンに残ると約束するよ」と発言。その後、「王のように来て、レジェンドのように去る」と言い残して、マンチェスター・Uへの移籍を自らのツイッターを通じて発表していた。

 なおイブラヒモヴィッチは、現在の生活には満足しているようだ。マンチェスターの街については、「天気のこととか、いろんなことを言われたけれど、ここまで全てうまくいっている。これまででベストだ」と断言。そして、「俺はスウェーデン出身だから、サッカー以外のことはあまり多くを望まない。俺は至ってシンプル、家族を大事にする男だ。俺にとっては家族が一番で、あとのことはそれほど重要じゃない」と語っている。

 イブラヒモヴィッチはパリの他にも、オランダのアムステルダム、スペインのバルセロナ、イタリアのミラノなど、ヨーロッパ有数の観光地を本拠地とするクラブを渡り歩いてきた。その過去と比較すると、マンチェスターは決して娯楽にあふれた街とは言えないが、落ち着いた環境はむしろ、本人にとっては好ましいものであるようだ。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る