2016.11.09

35歳DFエヴラ、ユーロ以来の代表復帰 負傷選手に代わって追加招集

エヴラ
ユーロ2016でプレーするDFエヴラ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 フランスサッカー連盟(FFF)は7日、同国代表メンバーにユヴェントス所属のDFパトリス・エヴラを追加招集すると公式サイトで発表した。

 フランスサッカー連盟は3日、11日に行われる2018 FIFAワールドカップロシア 欧州予選のスウェーデン代表と、15日に行われる国際親善試合のコートジボワール代表戦に向けたメンバー23名を発表。当初はサイドバックの選手としてパリ・サンジェルマンのDFレイヴァン・クルザワが招集されていた。

 しかし同サイトによると、クルザワは足の付け根の負傷が判明。代表チームから離脱することが決定し、代わってエヴラが招集されることとなった。

 現在35歳のエヴラは、2004年の代表デビュー以来これまでに80試合へ出場。今年6月から7月にかけて母国フランスで開催されたユーロ2016には決勝までの全7試合にフル出場を果たし、準優勝に貢献した。しかし、同大会終了後は代表チームから招集されておらず、約4カ月ぶりの復帰となった。なお、エヴラは所属するユヴェントスで、今シーズンのセリエAで4試合に出場している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る