2016.11.09

年俸は驚愕の2350%アップ? パリSG、期待の21歳DFと新契約を締結

パリ・サンジェルマンで今季リーグ戦7試合に出場しているDFキンペンベ [写真]=Icon Sport via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマンは7日、U-21フランス代表DFプレスネル・キンペンベと新契約を結んだことを発表した。契約期間は2021年6月30日までとなっている。

 現在21歳のキンペンベは、パリ・サンジェルマンの下部組織出身。左利きのDFでセンターバックとサイドバックをこなすことができる。2014年10月にトップチームデビューを果たし、これまでにリーグ戦14試合に出場。特に今シーズンは出場機会が増え、7試合にフル出場している。また、出場はなかったが、今年10月にはフランス代表に初招集を受けた。

 イギリス紙『デイリーメール』がフランスメディア『RMC』を引用した報道によると、新契約によってキンペンベの給与は週給4万ポンド(約520万円)、月給にして17万4000ポンド(約2230万円)となった模様。これまでは週給1650ポンド(約21万円)と見られていたため、2350パーセントも上昇したことになる。

 同選手は契約延長に際し、同クラブ公式サイトを通じてコメントを発表。「このクラブと契約を延長したことは、僕に多くの喜びを与えてくれる。本当に小さかった頃からここにいるし、大きな意味がある。大きな一歩ではあるけど、これはまだ始まりに過ぎない。僕の目標を達成するためにも、ハードワークし続けていく必要があるね」と、喜びを示した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る