FOLLOW US

マルセイユの酒井宏樹がリーグ・アンデビュー戦でフル出場…チームは開幕ドロー発進

リーグ・アンデビューを果たしたマルセイユの酒井宏樹(右) [写真]=Icon Sport via Getty Images

 リーグ・アン第1節が14日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユトゥールーズが対戦した。

 昨シーズンを13位で終えたマルセイユが、17位となんとか残留したトゥールーズをホームに迎えての一戦。今夏ハノーファーから加入した酒井は右サイドバックで先発し、リーグ・アンでのデビューを果たしている。

 マルセイユは25分、エリア内右でパスを受けたレミ・カベッラが右足アウトでシュートを放ったが、惜しくも右ポストを叩いた。その後はトゥールーズに押し込まれる場面もあったがGKヨハン・ペレの好セーブなどでゴールを割らせず、前半は0-0で折り返す。

 63分、マルセイユはスルーパスでエリア内右に抜け出したバフェタンビ・ゴミスが右足でシュートを放ったが、GKのセーブに遭い得点とはならない。酒井も右サイドを積極的に駆け上がる場面を何度か作ったが、最後のクロスが味方に合わず、ゴールにはつながらない。

 結局試合はスコアレスのままタイムアップを迎えた。酒井はフル出場を果たしている。

 次節、マルセイユは21日に敵地でギャンガンと、トゥールーズは20日にホームでボルドーと対戦する。

【スコア】
マルセイユ 0-0 トゥールーズ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA