2016.08.07

イブラ退団の“新生”パリSG、仏スーパー杯4連覇達成…リヨンに4発快勝

フランス・スーパー杯4連覇を達成したパリSG(写真はICC) [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トロフェ・デ・シャンピオン(フランス・スーパーカップ)が6日に行われ、昨シーズンのリーグ・アン、クープ・ドゥ・フランス王者であるパリ・サンジェルマンと、リーグ2位のリヨンが対戦した。

 2年連続で国内3冠を達成し、トロフェ・デ・シャンピオンは3連覇中のパリSG。国内で圧倒的な強さを見せている王者が、シーズンの開幕を告げる一戦に臨んだ。スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがマンチェスター・Uに移籍し、ウナイ・エメリ新監督が就任して臨む今シーズン。リヨン戦の先発メンバーには、ブラジル代表DFダヴィド・ルイスやアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、背番号「10」を引き継いだアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレらが名を連ねた。新加入のフランス代表MFハテム・ベン・アルファも先発出場している。

 昨シーズンと同じ対戦カードとなった一戦、均衡を破ったのはパリ・サンジェルマンだった。9分、左サイドでフリーでボールを持ったレイヴァン・クルザワのクロスにパストーレが反応。ファーサイドへ走り込み、右足ダイレクトで合わせてゴールネットを揺らした。

 先制に成功したパリ・サンジェルマンは19分、ディ・マリアからのスルーパスを受けたパストーレがペナルティーエリア左側から中央へ折り返すと、最後は詰めていたルーカスが押し込んだ。攻撃陣が連動した鮮やかなパスワークで追加点を挙げ、スコアを2-0とした。

 以降も攻撃の手を緩めないパリ・サンジェルマンはD・ルイスの直接FKなどでゴールを脅かしていく。そして34分、左サイドからのクロスを受けたベン・アルファがトラップから豪快に左足シュートを決め、3点目を記録。前半を3-0で終えた。

 3点リードで後半を迎えたパリ・サンジェルマン。54分にハーフウェーライン付近で得たFKを素早く始め、1本の縦パスでクルザワが最終ラインの背後を取る。ドリブルでペナルティーエリアに入り、左足シュートをゴール右隅に決めた。

 4点差をつけて勝利を決定付けたパリ・サンジェルマンは終了間際に1点を返されたものの、4-1と快勝。2013年から4シーズン連続、通算6度目のトロフェ・デ・シャンピオン制覇を果たした。

 リーグ・アンの開幕戦で、パリSGは13日にアウェーでバスティアと、リヨンは14日に敵地でナンシーと対戦する。

【スコア】
パリ・サンジェルマン 4-1 リヨン

【得点者】
1-0 9分 ハビエル・パストーレ(パリ・サンジェルマン)
2-0 19分 ルーカス・モウラ(パリ・サンジェルマン)
3-0 34分 ハテム・ベン・アルファ(パリ・サンジェルマン)
4-0 54分 レイヴァン・クルザワ(パリ・サンジェルマン)
4-1 87分 コランタン・コリッソ(リヨン)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る