2016.03.14

イブラ、PSG退団を明言…残留条件は「エッフェル塔を自分の銅像に」

イブラヒモヴィッチ
パリSG退団を明言したイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーグ・アン第30節が13日に行われ、トロワとパリ・サンジェルマンが対戦。9-0で圧勝したパリ・サンジェルマンが、4シーズン連続6回目のリーグ制覇を達成した。8試合を残しての優勝は、2006-07シーズンに5試合を残して優勝したリヨンを3試合上回る史上最速記録となった。

 同試合で4ゴールを挙げたパリ・サンジェルマンのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、試合後に自身の去就について言及。同クラブを退団する意向を示した。イギリス紙『ガーディアン』ら複数メディアがコメントを伝えている。

 今シーズン限りでパリ・サンジェルマンとの契約が満了を迎えるイブラヒモヴィッチは「ファンとは常に良い関係を築いてきた。このクラブではみんなが自分のことを気にかけてくれるし、あらゆる人々と良い関係を持っている。ただ、来シーズンはパリ・サンジェルマンに残ることはない。残り1カ月半、ここでの契約が残っている。ここにいる間は楽しみたいと思う。来年、何が起こるかは自分にはわからないが、ここに残ることはない」と、退団を明言した。

 そのうえでイブラヒモヴィッチは、「エッフェル塔を自分の銅像に建て替えることはできないだろう…。クラブの首脳陣でも不可能だろうと思う。でも、もしそれが実現したら、ここに残るよ。約束するよ」と、冗談交じりに語った。

 イブラヒモヴィッチは今シーズン、リーグ・アン第30節終了時点で24試合に出場し、27ゴールを記録。得点ランク首位を独走している。同選手の移籍先候補には、かつてインテルで師弟関係にあったジョゼ・モウリーニョ氏の指揮官就任が濃厚と見られているマンチェスター・Uが報じられている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング