2016.01.19

ジダン監督、仏代表にベンゼマが必要と強調「代わりは誰にもできない」

握手をかわすベンゼマ(左)とジダン監督(右) Real Madrid via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、同クラブに所属するFWカリム・ベンゼマがフランス代表に必要だとの持論を展開した。18日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ベンゼマは、フランス代表の同僚であるリヨンに所属するMFマテュー・ヴァルブエナを“セックステープ”をもとに恐喝した事件に関与した疑いがかけられている。警察での事情聴取で疑惑の一部を認めたが、自身の発言に犯罪性はなかったと主張していた。

 これを受けて、FFF(フランスサッカー連盟)のノエル・ル・グラエ会長は昨年の12月10日に、同選手の代表招集を事件解決まで見送ると明言。「現状のままなら、彼はユーロ2016にも出場できない」と、6月に行われる自国開催のユーロ2016も例外ではないことを表明していた。

 ジダン監督は、レアル・マドリードの指揮官に就任する前の昨年12月に、「フランスのためにも彼のためにも、出場停止にならないことを願っているよ。彼はフランス代表にとって重要な選手で、私はサッカー面を見て言っている。個人的な問題は早く解決されるといいね」と、ベンゼマを擁護するコメントをしていた。
 
 同監督は今回、改めてベンゼマについて言及し、「フランス代表にはベンゼマを手放す余裕はないはずだ。彼がピッチで示すプレーを見れば、迷いの余地がないだろう。得点を取れるのに加えて、他の選手たちを繋ぐ役割もでき、あらゆる点で素晴らしいプレーをする。他の誰にも彼の代わりは務まらない」と、フランス代表に不可欠な選手だと強調した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る