2015.10.26

PSGがイブラの1G1Aの活躍で4発快勝…11戦無敗で首位堅持

イブラヒモヴィッチ
サンテティエンヌ戦でゴールを挙げたPSGのFWイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 25日に行われたリーグ・アン第11節で、パリ・サンジェルマン(PSG)はホームでサンテティエンヌと対戦し、4−1の勝利を飾った。

 PSGは10試合を終えて、8勝2分けと負けなしの勝ち点26で首位。一方のサンテティエンヌは6勝1分け3敗の勝ち点19で4位につけていた。

 試合は23分、積極的に左サイドを駆け上がったレイヴァン・クルザワがマルコ・ヴェラッティのパスに抜け出すと、左足で決めて、PSGが先制に成功した。

 2点目を決めきれずに前半を折り返したPSGだが、後半の立ち上がりに追加点を挙げる。48分、大きくクリアしたボールを右サイドに流れたイブラヒモヴィッチがコントロール。そのまま右サイドを持ち上がって中へパスを送り、最後はエディソン・カバーニが冷静に流し込んだ。

 直後の49分にも、2点目のシーンと同じようにイブラヒモヴィッチが右サイドの裏に抜け出す。中央への折り返しが相手DFに当たり、こぼれたところにまたもカバーニが飛び込むが、枠を外してしまう。

 67分には、中盤でティアゴ・モッタのパスを受けたアンヘル・ディ・マリアが鮮やかなターンで前を向くと、カバーニへスルーパス。ボールを受けたカバーニは、中央へパスを送り、イブラヒモヴィッチが無人のゴールへ流し込み、PSGがリードを3点に広げる。

 PSGは73分に思わぬ形で1点を返される。自陣左からグラウンダーのクロスを入れられるが、このボールはマルキーニョスが簡単にはね返す。しかし、自陣に戻ってきたヴェラッティが足を伸ばしてコントロールしようとするも失敗し、ボールは自分たちのゴールネットを揺らし、オウンゴールを献上してしまった。

 しかし、オウンゴールをしてしまったヴェラッティが、アシストでミスを帳消しにする。87分、ヴェラッティが浮き球のパスをDFの裏に送ると、走り込んだルーカス・モウラが頭で直接ニアに突き刺した。試合はこのまま終了し、PSGは4−1でサンテティエンヌに快勝。開幕からの無敗を11戦に伸ばした。

 次節、PSGは30日に敵地でレンヌと対戦。一方のサンテティエンヌは31日にランスをホームに迎える。

【スコア】
パリ・サンジェルマン 4-1 サンテティエンヌ

【得点者】
1-0 23分 レイヴァン・クルザワ(パリ・サンジェルマン)
2-0 48分 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
3-0 67分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(パリ・サンジェルマン)
3-1 73分 オウンゴール(マルコ・ヴェラッティ、パリ・サンジェルマン)
4-1 87分 ルーカス・モウラ(パリ・サンジェルマン)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る