2015.09.04

副業を批判されたイブラ「君のために金を稼いでいるわけじゃない」

イブラヒモヴィッチ
パリ・サンジェルマンでプレーするイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマンに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、サイドビジネスの件について質問をした記者を批判した。スウェーデン・メディア『Sportbladet』と報じている。

 スウェーデン屈指のスター選手であるイブラヒモヴィッチ。趣味である狩猟を行うために島を所有していることでも有名であるが、その一方でサイドビジネスも大きく展開している。

 昨年末にはノルウェーのアパレルチェーンであるドレスマンと契約し、新たなブランドを立ち上げるための動きを行っている。今夏は新たに『Zlatan Pour Homme』という香水を発売したことで話題になった。

 スウェーデン代表でユーロ2016予選の準備を進めているイブラヒモヴィッチは記者会見に臨み、サイドビジネスについて質問したTV4のオロフ・ルンド記者と険悪な雰囲気になったようだ。

 イブラヒモヴィッチは記者に対し、以下のように反論した。

「(俺のサイドビジネスは君にとって重要なのか?)俺は君のために金を稼いでいるわけじゃない。何か起こる度に君は『彼は十分なお金を持っていないのか?』と言う。ドレスマンとの契約を結んだときも。そう言ったよな?」

「(俺にとってドレスマンは重要ではない) 俺を信じてくれ。経済的な理由でやっているわけではない。楽しみのためにやっている。新しいプロジェクトも他に動き出している。それによって起こる新しい冒険が楽しみなんだ。それが上手くいって、君の視線が突き刺さる時、俺はそれ以上に楽しんでいる。それはサッカーをプレーしているときと同じようなものだ」

「(他のもので何かを成し遂げるプロジェクトによって、サッカーを置き換えるような刺激を得られるのか?) いや。それは明らかにサッカーをプレーしている時だ。もし君がそれを憎むのなら、俺は更なる刺激を得られる。それは最高の感覚だな」

 なお、このルンド記者はこれまでもイブラヒモヴィッチに対して批判的な記事を書いてきたことで有名な人物でもあるが、このやりとりの後には以下のように話し、そのような意図はなかったと応えている。

 一方、ルンド氏は以下のようにコメントしている。

「(激しい言葉があったのか?) もちろん私はそうだったし、もしくは両方ともだ。彼は静かに記者会見を始め、質問に答えた。その後、私が書いたものを彼が見過ごさず、干渉してきたということです。彼の認識は間違っている。ドレスマンとの取り引きについては良いものだと考えているし、私はその質問をしなければならなかった」

「(嫉妬ではないかという話しもあるが?)彼が金を儲けることで、私の胃は何も痛まない。彼はその価値がある男だ。これは感情的なものだよ。彼は私よりも10億倍偉大な男だ。比較することなどないし、真実ではない。ズラタン・イブラヒモヴィッチは大きく、そして強くなりすぎている。組織よりもね。そして、彼らはそれを取り扱うことが出来なくなっている」

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る