FOLLOW US

WBA加入が噂されるディアビ、一転し母国フランス復帰の可能性が浮上

アーセナルを対談したディアビ [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 昨シーズンをもってアーセナルを退団した元フランス代表MFアブ・ディアビが、母国フランスへ復帰するという噂が浮上している。27日付のイギリス紙『デイリー・メール』が伝えた。

 ディアビに興味を示していると報じられたクラブは、昨シーズンのリーグ・アンを4位で終えた名門マルセイユ。同選手が負傷がちであることを考慮し、出来高制の契約をオファーしているという。

 23日にはウェスト・ブロムウィッチ(WBA)への加入が濃厚と各メディアに報じられていたディアビだが、すでにマルセイユ加入に向けて準備を進めていると、同紙は伝えている。

 現在29歳のディアビは2004年にオセールでキャリアをスタートさせ、2006年にアーセナルへ移籍。元フランス代表MFパトリック・ヴィエラ氏の後継者として期待されたが、度重なる負傷で思うようにプレーができず、ここ2年間での出場試合数はわずか2試合に留まっていた。昨シーズン終了後には同クラブと契約満了を迎え、現在は新天地を探している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO