FOLLOW US

敵地で接戦を制したパリSGが3連覇達成…ラベッシが決勝ゴール

得点を喜ぶパリSGイレブン [写真]=Getty Images

 リーグ・アン第37節が16日に行われ、モンペリエとパリ・サンジェルマンが対戦した。

 この試合で引き分け以上の成績を収めれば、3シーズン連続5回目の優勝が決まるパリSG。しかし、同試合ではエースのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチを負傷で、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティと元同国代表MFティアゴ・モッタを出場停止で欠いた状態で臨んだ。

 試合が動いたのは17分。パリSGが左サイドでFKを獲得する。これをクイックリスタートで始めて中央へ繋ぐと、アドリアン・ラビオのスルーパスに抜けだしたブレーズ・マテュイディが右足で流し込み、先制に成功した。

 さらに26分、右サイドのハビエル・パストーレがスルーパスを出すと、オーバーラップしたセルジュ・オーリエがゴール前に速いクロスを送る。これを走りこんだエセキエル・ラベッシが右足で蹴りこみ、リードを2点に広げた。

 一方、ここまでチャンスを作れないでいたモンペリエだが、ラッキーな形で得点が生まれる。40分、右サイドのアントニー・ムニエが左足でクロスを上げると、カーブのかかったボールはそのままゴール左上に吸い込まれ、モンペリエが1点を返した。前半は2-1でパリSGがリードして折り返す。

 後半はホームのモンペリエが猛攻を仕掛ける。ルーカス・バリオスや途中出場のケヴィン・ベリゴーに決定機が訪れたが、パリSGはチアゴ・シウヴァやGKサルヴァトーレ・シリグを中心になんとか防ぐ展開が続く。

 自陣に押し込まれるパリSGは、69分にラベッシを下げてルーカスを投入する。80分、カウンターから右サイドを上がったオーリエが右足でシュートを狙ったが、GKジョナタン・リガリの好守に阻まれてしまう。

 後半アディショナルタイム1分には、ペナルティエリア左に進入したパストーレがシュートを放ったが、惜しくもクロスバーに当たり追加点とはならなかった。

 このまま試合は終了し、2-1でモンペリエを下したパリSGの3連覇が決まった。

 最終節、パリSGはホームにスタッド・ランスを迎える。

【スコア】
モンペリエ 1-2 パリ・サンジェルマン

【得点者】
0-1 17分 ブレーズ・マテュイディ(パリ・サンジェルマン
0-2 26分 エセキエル・ラベッシ(パリ・サンジェルマン
1-2 40分 アントニー・ムニエ(モンペリエ)

リーグ・アン観るならDAZN!
1カ月無料トライアルはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO