2014.11.28

T・モッタに頭突きで出場停止中のブランドンに、懲役1カ月の判決

ブランドン
1カ月の懲役刑を受けたブランドン(中央) [写真]=Getty Images

 パリ軽罪裁判所は27日、バスティアに所属するブラジル人FWブランドンに対して、1カ月の懲役刑を言い渡したことが明らかになった。同日付のフランス紙『レキップ』など各紙が報じている。

 ブランドンは8月16日に行われたリーグ・アン第2節のパリSG戦の試合後、ロッカールームに戻る途中、パリSG所属のMFティアゴ・モッタに頭突きを見舞い、鼻骨を骨折させていた。9月には聴聞会が行われ、当事者に対して事情聴取を行い協議した結果、同選手は6カ月の出場停止処分を科された。

 被害を受けたT・モッタは、「試合中に、ブランドンは『試合が終わったら待っていろよ』と言っていたが、まさか本当にやるとは思わなかった」と警察に述べ、予想外のことだったと明かしている。

 そして27日、法廷の場に立ったブランドンは1カ月の懲役刑と、2万ユーロ(約300万円)の罰金を科せられた。

 なお、同選手の弁護士を務めるオリヴィエ・マルタン氏は、実際にブランドンが収監されることはなく、奉仕活動などを行うことによって刑を務めるだろうと述べている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る