2014.11.10

パリSGのブラン監督、マルセイユ戦の勝利は「特別な味がする」

ブラン
パリSGを率いるブラン監督 [写真]=Getty Images

 9日に行われたリーグ・アン第13節で、2位のパリSGが首位のマルセイユと対戦し、2-0で勝利を収めた。同試合についてパリSGのローラン・ブラン監督がコメントを残している。クラブ公式HPが伝えた。

 パリSGは、38分にブラジル代表MFルーカスがゴールを決めて先制。さらに85分には、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが貴重な追加点を奪い、注目の上位対決を制した。

 試合後、ブラン監督は「当然、マルセイユ戦の勝利は特別な味がする。彼らは優れたチームだが、今夜は我々が倒した。最初の25分は非常に厳しい戦いとなった。しかし、その後は良いプレーを見せることができたと思う。選手たちを称えたい。そして、このような戦いをこれからも続けていきたい」と振り返り、勝利に満足感を示した。

 ホームで勝利を収めたパリSGは7勝6分の勝ち点27。マルセイユとの勝ち点差を1に縮めている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
ユヴェントス
31pt
ローマ
30pt
欧州順位をもっと見る