2014.08.15

DFエリック・アビダル、フランス代表からの引退を発表

アビダル
フランス代表から引退を表明したアビダル [写真]=Getty Images

 オリンピアコスに所属するDFエリック・アビダルが14日、フランス代表から引退することを発表した。スペインのラジオ局『RAC1』が報じている。

 2004年にフランス代表デビューを飾ったアビダルは、ドイツ・ワールドカップと南アフリカ・ワールドカップに出場。ドイツ・ワールドカップではフランスの準優勝に貢献した。通算67キャップを刻んだアビダルは次のように語っている。

「扉を閉める時がきた。良い形で代表を終えたかったが、ブラジル・ワールドカップに出場することができなくて残念だ。私はこれまで一生懸命やってきた。ワールドカップで代表に別れを告げたかったが、それはかなわなかった」

 2013年8月に肝移植手術を乗り越えて代表に復帰を果たしたアビダルだったが、2014年ブラジル・ワールドカップの最終メンバーには選出されなかった。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る