2014.01.29

パリSG会長が移籍間近のMFキャバイェに言及「獲得理由は3つ」

カバイェ
パリSG加入に近づいているキャバイェ [写真]=Getty Images

 パリSGが、ニューカッスルに所属するフランス代表MFヨアン・キャバイェの獲得に迫っている。

 当初、パリSGのオファーはニューカッスルの希望額に達していなかったため、拒否された。しかし、パリSGが提示額を引き上げて再度オファーをしたことで、クラブ間合意に至った模様。選手個人との交渉が実施された後、29日にメディカルチェックが行われるようだ。

 獲得が間近となり、28日にパリSGのナセル・アル・ケライフィ会長が、移籍について言及した。28日、フランス紙『レキップ』が伝えている。

 ケライフィ会長は、キャバイェ獲得には3つの理由があると語った。

「1つは、彼が非常に優れた選手であり、我々が関心を抱いていたからだ。そして次に、私はまだ会ったことはないが、彼は良い男だと聞いている。さらに、彼がフランス人であり、我々にとって、母国人選手を獲得することが非常に重要な意味を持つからである」

 また、ケライフィ会長は、キャバイェとともに補強候補に挙がっていたローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピアニッチについてもコメント。しかし、セリエAで首位を争うローマから同選手を獲得することは、困難だと感じたようだ。

ローマと話し合った。冬の移籍市場で、ローマからピアニッチを連れてくることは諦めたよ。ローマは現在セリエAで2位に位置し、ユヴェントスとタイトルを争っている。ローマは重要な選手を、シーズン途中に手放すことを望んでいないようだ」

 パリSGは他にも、セビージャのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチや、フィオレンティーナのスペイン代表MFボルハ・バレロへの関心が伝えられている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング