FOLLOW US

ホイルンド「僕を潰す考えがあると言っていた」意図的なラフプレーと主張もサンマリノ代表DFは否定

2023.10.18

サンマリノ戦について言及したホイルンド [写真]=Getty Images

 17日に行われたEURO2024予選・サンマリノ代表vsデンマーク代表の一戦が物議をかもしているようだ。18日、イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。

 EURO2024予選第8節が17日に各地で行われ、デンマーク代表はアウェイでサンマリノ代表と対戦した。試合は、前半にラスムス・ホイルンドマンチェスター・ユナイテッド/イングランド)の得点でデンマーク代表が先制に成功。一度は同点とされるが、ユスフ・ポウルセンライプツィヒ/ドイツ)が勝ち越し弾を奪い、デンマーク代表が2-1で勝利を収めた。

 そんななか、先制点を決めたホイルンドが試合後に、「ゲームの終盤を見ればわかるように、彼らは僕をターゲットにしたと感じている」とサンマリノ代表の選手たちが、意図的に自身へと危険なプレーを行なったと発言。「僕はイタリア語がわかるし、彼らが僕を潰す考えがあると言っているのが聞こえた」と主張した。

 さらに後日、ホイルンドは自身のインスタグラムを更新。「昨夜のサンマリノの、僕をケガさせようとする振る舞いは容認できない!」と投稿している。同紙も、サンマリノ代表DFロベルト・ディ・マイオが膝蹴りのような形で、ホイルンドの腰に危険なタックルを敢行した写真を掲載し、同選手が過去に負った背中の負傷の再発を危惧している。

 これに対し、サンマリノ代表DFアレッサンドロ・トシは疑惑を否定。ホイルンドの主張に、「それは真実ではない」と述べながら、「僕たちは、彼が適切な振る舞いをしていなかったと伝えただけだ。彼がしたことは必要なことではなかった」とホイルンドが得点後に見せたゴールパフォーマンスへの不満を口にした。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGラスムス・ホイルンドのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO