FOLLOW US

イングランドが25年前のリベンジ!…スターリング&ケイン弾でドイツ撃破し8強入り

イングランドがドイツに勝利してベスト8進出 [写真]=Getty Images

 EURO2020決勝トーナメント1回戦が29日に行われ、イングランド代表とドイツ代表が対戦した。

 グループD首位通過のイングランドと“死の組”グループF2位突破のドイツが、イギリスのロンドンで激突した。EUROでの両チームの対決といえば、イングランドで開催された1996年大会。当時は準決勝で対戦し、1-1のまま迎えたPK戦をドイツが制してイングランドの母国開催の夢を打ち砕いた。

[写真]=Getty Images

 イングランドにとっては因縁の対決。現指揮官のガレス・サウスゲート監督は同試合に選手として出場し、PK戦で6人目のキッカーを務めて唯一の失敗に終わっていた。当時と同じくウェンブリーで25年前の雪辱を果たしたいところ。対するドイツはイングランド撃破後、決勝でチェコに勝利して3度目の優勝を果たした。今大会ではその1996年以来、6大会ぶりの欧州制覇を目指す。

 試合は立ち上がりから激しい攻防が繰り広げられた。先に主導権を握ったドイツは4分にレオン・ゴレツカがミドルシュートを放ったが、GKジョーダン・ピックフォードにキャッチされた。徐々に攻撃に転じたイングランドは16分、ラヒーム・スターリングがエリア前中央からゴール右隅を狙ったが、シュートはGKマヌエル・ノイアーにセーブされた。

 ドイツは32分にチャンス。カイ・ハフェルツがエリア左へスルーパスを送ると、ティモ・ヴェルナーが抜けて左足で狙ったが、GKピックフォードの好セーブに阻まれた。イングランドは前半アディショナルタイム1分、スターリングがドリブルでエリア中央へ切り込んだが、相手選手に囲まれてカットされる。このこぼれ球をエリア左のハリー・ケインがフリーで受けたが、トラップが大きくなり決定機を生かせなかった。

[写真]=Getty Images

 後半もドイツが先にチャンスを迎えた。48分にエリア右のハフェルツがこぼれ球を左足ボレーで叩いたが、これはGKピックフォードの好セーブに防がれた。その後も膠着状態が続いたが、75分についに試合の均衡が破れる。ジャック・グリーリッシュがエリア左へパスを送ると、ルーク・ショーがダイレクトで折り返す。これを中央のスターリングが合わせて、待望の先制点を奪った。

[写真]=Getty Images

 リードを許したドイツは81分、カウンターでトーマス・ミュラーが抜け出して、エリア前で右足を振り抜いたが、シュートはわずかに枠の左外。同点に追いつく絶好のチャンスを惜しくも逃した。

[写真]=Getty Images

 難を逃れたイングランドは86分、センターサークル付近でボールを奪ってカウンター。ショーが持ち上がってエリア左へパスを送ると、グリーリッシュが折り返す。これに中央のケインが頭で合わせて大きな追加点を挙げた。

[写真]=Getty Images

 試合はこのまま終了。イングランドが25年前のリベンジを達成し、2大会ぶりのベスト8進出を決めた。敗れたドイツは4大会ぶりにベスト8に届かなかった。

サウスゲート

[写真]=Getty Images

 イングランドは7月3日に行われる準々決勝で、スウェーデン対ウクライナの勝者と対戦する。

【スコア】
イングランド代表 2-0 ドイツ代表

【得点者】
1-0 75分 ラヒーム・スターリング(イングランド)
2-0 86分 ハリー・ケイン(イングランド)

【スターティングメンバー】
イングランド(3-4-3)
ピックフォード;ウォーカー、ストーンズ、マグワイア;トリッピアー、フィリップス、ライス(88分 ヘンダーソン)、ショー;サカ(69分 グリーリッシュ)、ケイン、スターリング

ドイツ(3-4-3)
ノイアー;ギンター(87分 ジャン)、フンメルス、リュディガー;キミッヒ、ゴレツカ、クロース、ゴセンス(88分 サネ);ハフェルツ、ヴェルナー(69分 ニャブリ)、ミュラー(90+2分 ムシアラ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO